テキスト庵 counter

ぷらぷらす


■こっそり更新してみる■

「原発あってもなくても」。外部リンクです。To-koも脱原発を強く希望します。
「あってもなくても」じゃなくて「あってはいけない」の意志表明です!

たま日記:新旧取り混ぜ更新中

2019.9.28(Sat)

ラグビーW杯日本戦の日ですが、それを全く意識せず、IHIステージアラウンド東京で上演されている『ウエスト・サイド・ストーリー』(オリジナルクリエイティブ版)を観に行ってきました。最近は友人が誘ってくれないと劇場に足を運ぶことはなくなってしまっているのですけど、たまたまTVで宣伝番組を見かけ、マリア役のソニア・バルサラの顔が好みだな〜と思って、俄然興味がわいてきたのです。とは言え開演日も近かったので(今さらチケット取れないよな…)と思ってましたが、ダメ元で調べてみるとまだまだ空席がある!(ナゼ?) 他の観たかった芝居がとっくの昔に完売になっていたのが判明したこともあり(公演があることを知らなかったので)、取れるなら行こう! と勢いでポチってしまいました。

さてステージアラウンド東京は豊洲からゆりかもめで2駅、市場前駅近くにあります。豊洲新市場から道を挟んで反対側です。開演時間は18時。…うーん、築地だったら夜でも空いてる飲食店が少しはあったけど、豊洲はどうなのかな? まぁ市場の店が空いてなくても近くに食事できる店くらいはあるだろう。何の下調べもせず、早めの食事をとる時間を見込んで出かけます。豊洲に降りるのも初めてだったので市場前までは歩いてみました。豊洲近くは緑も多いので散歩している人が多かったですね。が、やがて景色は殺風景になってきます。大きな建物ばかりで飲食店なんかなーんにも無い。ちょっと不安になりながらも20分ほどで市場前へ。き、きっと一店舗くらい、開いてるよね?

はい、開いてませんでした。水産仲卸売場棟しか行かなかったけど、全部シャッターが閉まってます。他の棟ならあたかもしれませんが探す時間も惜しく、1駅戻ったところで唯一見かけたレストランまで戻って食事。何とかありつけて良かった、とホッとして暗くなり始めた道を劇場まで戻ると、劇場前で軽食出してるキッチンカーが停まってました。……ま、そんなモンよね。

ステージアラウンド東京

ステージアラウンド東京

劇場と、その周辺。なんか悔しいけど、絵になりますね

さてやっと本題。肝心の舞台はどうだったかと言うと、もうホント、行って良かった。映画版は何度も見ているので、オーバーチュアを聴くだけでテンション上がります。そして幕が開くころ、やっと、(あれ、私、舞台で『ウエスト・サイド・ストーリー』観るの初めて?)と気づきました。劇団四季のミュージカル名シーンばかりを集めた舞台で劇中のいくつかのナンバーは観ているけど、通しは初めてかも。んでも幕が上がると知ってる曲、知っている振付ばかりで、舞台ならではの熱気もあって楽しかった。ダンスシーンは大迫力。360°客席が回転する作りでの場面転換も面白かったし、英語ならではの言葉のリズムも心地よい。訛りもわかりやすい。字幕はありましたが、ストーリーは頭に入ってるし歌詞やセリフは単純なので、ほとんど見なくても大丈夫でした。

役者ではアニータ役のエイドリアナ・ネグロンが圧巻でした。開演前に写真見たときは「ちょっと太すぎるのでは…」と失礼なこと思ったのですけど、実物はグラマラスでダンスがカッコよくて歌が上手い。マリアの透き通ったキレイな声よりも、私はアニータのちょっとハスキーな声が好みでした。ちょっと残念だったのは屋上のダンスナンバー、『アメリカ』が女性のみのナンバーになっていたこと。舞台版はそうなのかしら? 映画版の男女の掛け合いが好きだったんですよねー。ジョージ・チャキリスのあのダンス、見たかったなあ。ダンスは圧倒的にシャーク団のがカッコいいんですよね。

ジェット団では、リフがなんか可愛かった。映画ではそれほど好きじゃなかったんですけど、今回演じているマシュー・ステリティの魅力だと思います。主役は……私は元々トニーとマリアはバカップルだと思っていて、今回もそれは変わらず。トニーはおバカすぎる(なにが「田舎に行ってマリアと2人で暮らす」だよ)し、マリアもアニータに酷すぎる。ベルナルドのときはアニータに許せと迫るのに、トニーとなると悲劇のヒロインですもんね。あぁ、やっぱり好きなのはベルナルドとアニータです。ベルナルド役ジョージ・アクラムも良かったですけど、でもチャキリスほど“周囲から際立っている”感まではありませんでした。だから今回はアニータに尽きるかな。

カーテンコールカーテンコール

カーテンコールのみ写真OKでした…のに、白飛びしてしまった…

カーテンコール後にオーケストラが『マンボ』を演奏してましたが、タイミングが来ると客席から小さく控えめに「マンボ!」の合いの手が入っていたのに笑いました。うん、呟きたくなる気持ちはわかる。豊洲までの20分を『Tonight』を口ずさみながら帰りました。

2018.1.15(Mon)

藤原緋沙子『花鳥』読了。……つまらなかったです。徳川第7代将軍家継の生母、月光院が主人公なのだけど、江戸時代の話だとつい、よしながふみの『大奥』ではどう描かれていたか、記憶を探ってしまう。本をそっちのけで記憶をたどり(ああ、あのエピソードの代か)と思い出したところで、やっと落ち着いて本に戻ります。でもそしたら忠臣蔵が出てきて……ヤな予感。なんの疑いもなく、赤穂浪士を正義とする路線を採る作家とは、相性が悪いのです。(あと二・二六事件も)

私はナゼか子供の頃から忠臣蔵が好きじゃありませんでした。判官びいきの気が強いからかな。浅野内匠頭に恨みはありませんが、一方的に悪人とされる吉良上野介をひいきしたくなるのです。むか〜し、たった一回だけ吉良を被害者として扱ったドラマを見た淡い記憶があって、もう一度見たいとずっと思っているんだけど、あれは現実だったかしら。浅野内匠頭が十を聞いて一を知るような全然できない子で、なのに「ちゃんと教えてくれないから!」と逆恨みされて、吉良こそいい迷惑って感じのドラマだったのだけれど。

本に戻ると、予感のとおり最後までずっとつまらなかったです。だいたい作者がどうして月光院を書こうと思ったのかわからない。月光院に対する愛を感じない。美人なだけじゃなくて心映えも優れていたと書いてあるけど、具体的なエピソードがないので説得力がない。なにも何かを正としてるワケじゃないです。私の好みと全然違う人物造形でも、共感できたら、面白かったら、あるいは憎たらしかったら、それでいい。なのに、な〜んも感情が動かないんだもの。

さ〜て、口直しに『大奥』の家宣・家継時代でも読み返そうっかな。

□□□ ←直前の日記へ □□□□□ ↑ページTOPへ □□□
Copyright© 2001- To-ko.All Rights Reserved.